FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金比率 

ども♪
神崎です☆

たまたまデリヘル開業のマニュアルみたいな本を読んでみたけど肝心なことは全然書いてないね
これこれこーすれば開業出来ますよぉ~的な内容ばかり
開業の大変さをちっとも書いてない


たまには業界の話でもしましょか

1日の出勤人数は在籍人数の大体3割に落ち着きます

平均出勤人数=在籍人数×0.3

うちらの仲間内では3割の法則って呼んでます
まぁわざわざ方程式にしなくても風俗営業してれば肌で感じるものなんですけどね

え?そんなもんなの?
って思うかもしれませんがそんなもんですw

大体女の子には生理があってそこで5日~7日のお休みが発生します
あとは週休2日くらい休んだとすると働く実数は15日くらい
レギュラーの子でも月にMAX20日くらい出勤すればいいほう

ほとんどの子は大体10日前後くらいの出勤です
あとは月に1回とか2回くらいしか出れない子や幽霊部員の皆様なんかもいたりする

だから不思議と大体この方程式のとーりになる

でもってこの方程式のとーりになってるのがお店にとって一番いい状態だったりもします
常に出勤している女の子にバラツキが出ますからお客様も毎日新鮮でしょ?

「おらぁ!もっと出勤しろやぁ!」
とかやって無理に割合を上げてもちっともいいことありません(笑)

んでもってこれを知ってるとデリヘ開業の第一関門が分かります
まぁ規模にもよりますが大体平均5~6人出勤していればデリヘル屋さんとしては及第点
そーすると最低在籍が20人はいないとダメな計算

この壁が結構つらい
いや・・かなりつらいw

週に1人入店しても半年
もちろん途中で辞めちゃう子もいるだろうからもっとかかるかもしれない
フランチャイズや姉妹店のようなネームバリューの無い新店の求人の寂しさはヤバイからね

毎日出勤が1~2人で自分1人でやってればそれなりに利益はでるでしょ?
そんなふうに考える人もいるかもです

もちろんそのとーりなんだけどそれならサラリーマンンでガツガツ働いたほうがよっぽどいい
デリヘルは基本年中無休だかんね
100%カラダ壊すよw

コワイネー

マニュアル本とはいえこーゆーことをちゃんと書いてあったほうがよっぽど親切だと思うけどなぁ

やっぱリスクばっかり書いてちゃ売れないのかね?



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

デリヘルを100倍楽しむ 

ども♪
神崎です☆

ゴールデンウィーク突入ですね
毎年この時期は忙しそうでそうでもない(笑)
今年は皆様よろしくです♪

さてさてデリヘル屋さんてのはつきつめると擬似恋愛を売るお仕事だと思ってます

70分だけ貴方の妻
90分間だけ貴方の恋人
130分間だけ貴方の愛人

素晴らしいですよね
時間内だけは妻にも恋人にも愛人にもなってくれる

それは女の子の奉仕の心、おもてなしの心が介在して初めてその関係が成り立ちます
お客様の為には大袈裟に感じたフリもイったフリもします
もちろん本当に感じてるときもありますが(笑)

フリを楽しめる余裕の気持ちが大切です
そこにはお客様を楽しませようとする彼女たちのおもてなしの心があるからです

「本当はイッてないでしょ?」

一番聞いちゃダメです
そんなことはどっちでもいーんです

マジックショーを見て
「どーせネタがあるんでしょ?」
と冷めた目で見てもつまらないのと一緒です

「嘘が悪い、気に入らない」
と言われればそれまでですが・・

ロングラン公演を続けているミュージカル
キャッツとかね
何回見ても素晴らしいです
同じストーリー、登場人物なのに、です

何回呼んでも自分の前だと素晴らしい笑顔とプレイをしてくれる女の子のようなもの

演者の中には
「昨日彼女と喧嘩して気分が乗らない・・」
そんな人も絶対いるはず
でも手は抜かない
見ている人には分からない

「嘘は嫌だ、」
と言っても
「今日は気分が乗らないから責めてもイケないよ」
そんなこと言われるくらいならイッたフリをされるほうが全然良いでしょ?

女の子の奉仕&おもてなしのココロとお客様の楽しく騙されるココロが絡み合うともっともっとデリヘル遊びが楽しくなりますよ


ちょいと裏話 

ども♪
神崎です☆

完全に繁忙期抜けました(笑)

お客様。この時期チャンスです♪
いつもなかなか予約が取れない女の子も比較的予約取りやすくなりますのでよろしくどーぞ
ってかお願い♪

さて閑散期になると増えてくるのが求人
でもって何日かに1回は求人の電話を受けるわけですが・・
辟易してるフレーズの一つに
「バック率どれくらいですか?」
ってのがあります

これねぇ~聞きたい理由が全然分かんないのよ

例えばね60分コース(うちじゃないけど)のお給料が
A店は9000円
B店は12000円
とするでしょ?
単純にB店のほうがお給料いいわけ

でも・・

A店は60分でお客様が払う金額が10000円
B店は60分でお客様が払う金額が24000円

極論だけどね

そーすると
A店はバック率90%
B店はバック率50%

バック率でいったらA店のほうがいいわけ
でも実際のお給料はB店のほうがいい

じゃあこの問い合わせをしてきた女の子はどーするか?
多分A店に行きます(笑)

こーゆー単純な考え方も出来ない時点で
「うーん・・なんかちょっとなぁ。。」
と思ってしまうオレがいる

蛇足ですがB店のようにバック率50%のお店の裏技
お店負担でタイムサービスをやるとしましょう
通常24000円のところを大サービスで13000円
はいバック率90%の出来上がり♪
ってことで問い合わせがきたら
「最大で90%のバック率です♪」
と言っておっけー♪
「最大で」のフレーズがポイントです

別に嘘ついてませんので悪いことではありません

それにまんまとはまって
「すごーい!面接お願いしま~す」
となる子

チーン・・・

もうちょっとよく考えよ

お店によってやり方はまちまち
お給料以外のファクターがすごく充実してるお店なんかもあるし

だからと言ってこれを電話口で説明しても全然分かってもらえません(笑)

ワタクシの経験上、入店して人気の出る女の子は100%問い合わせの時点でお金の話はしません

なぜなら・・
どこもそんなに変わらないことを知っている
自分次第だということを知っている

なもんで・・

最近は専ら求人の問い合わせで
「バック率何%ですか?」
と聞かれたら正直面接するのも意味ないんで

「ごめんなさい。ちっともよくないです」

とのたまってます(笑)

ってことで今日(15日)は夕方体験入店予定です♪

電話で話した感じはとってもGOODでしたのでご期待下さい♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。